大島の一日

「政治 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「若者が~ってのは口だけなんですか?」 10代若者の追及に政治家沈黙

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: イエネコ(チベット自治区) 2013/07/04(木) 12:00:18.33 ID:qx7mH43ET● BE:901953353-PLT(12001) ポイント特典
「原発の既得権益って、やっぱりあるんですか?」「なんで政治家はナショナリズムをあおるんですか?」
若者から飛ぶストレートな問いに、政治家たちが思わずうなる。2013年7月3日に都内で催された、10代の若者たちと現職国会議員による討論イベントの一コマだ。

イベントは高校生・大学生などからなる団体「Teens Opinion」が企画したもので、政治家側からは自民・鈴木馨祐衆院議員、民主・細野幹事長、
維新・小熊慎司衆院議員、公明・谷合正明参院議員、共産・田村智子参院議員の5人が参加した。一方の若者側からはTeens Opinion代表の
吉田拓巳さんら6人が登壇し、原発、外交、経済といったテーマで意見を戦わせた。

「自分も10代のうちにこんなイベントをやってみたかった」と相好を崩した細野幹事長始め、そろって若者たちに「デレデレ」だった議員軍団だったが、
対する10代チームはなかなかクールだ。無難な答えや建前論で政治家たちが煙に巻こうとすると、

「ハイレベルすぎてよくわからないので、もっと噛み砕いて話してください」
「党ではなくて、皆さん個人の考えではどうなんですか?」
「具体策はあるんですか?」
とたちまち鋭いツッコミが。トドメには、

「若者の政治参加は大事、って政治家の皆さん言いますけど、肝心の公約やマニフェストは高齢者向けのものばかり。結局、若者が~ってのは口だけなんですか?」
ときつい一撃が飛び出し、これには政治家先生も返す言葉がなかった。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。